二極化が進むエンジニアの副業

エンジニアが副業を始めるときには、業務内容や副業への取り組み方をよく考えることが大切です。まずは現状として、エンジニアの副業にはどのような動向があるかを確認しておきましょう。副業をする目的は人それぞれですが、自分にとって都合のいい仕事が見つかりやすい状況かどうかがわかるからです。

エンジニアが副業として選べる仕事の内容は、大きく見ると二極化が進んでいるのが現状です。一つの方向性は、本業に近い実りがある内容を要求している仕事を副業にするというものです。案件の内容はかなり高度なものになっていて、納期も短いなど、ハードルが高い傾向があります。まるで本業が二つあるかのように働かなければならないものの、その副業をしてきた実績がキャリアとしても魅力的なものになります。また、労働量に見合った収入も得られるため、やりがいがある仕事といえるでしょう。

もう一つの方向性は、本業に負担がかからない範囲で気軽に携われる仕事を隙間時間に行うというものです。短時間で処理できるような簡単な案件が多く、単価も低いので余力に応じて数をこなしていくのが基本となります。成果を上げてもあまり大きなものにはならないので、キャリア構築には向きません。しかし、本業のような負担はないので、本業に支障をきたしたり、プライベートの時間を失ったりすることはありません。適当なワークライフバランスを維持しやすい点で優れている仕事内容になっているのです。